あとらすの備忘録

チラ裏のメモ帳 | C#とかVue.jsとかAWSとか興味のあることちまちまやってます。

git cloneしたリポジトリを別リポジトリにPUSHする

概要

git cloneしてきたリポジトリを別リポジトリとして管理したかったので
GitHubリポジトリを新規作成してそこにPUSHした感じです。

悪用とかではなく個人のリポジトリで使い回したいものがあるけど別リポジトリとして管理したかった感じのやつです。

目次

環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.14.6
BuildVersion:   18G84
$ git --version
git version 2.22.0

git cloneしたリポジトリを別リポジトリにPUSH

ざっくり下流れは下記の通りです。

  1. git cloneを実行
  2. GitHubで新リポジトリ作成しURLを取得
  3. gitのremote url変更
  4. リポジトリにpush

具体的なリポジトリで言うと下記①のリポジトリをクローンしてpush先を②のリポジトリにする感じです。

git clone実行

いつもはそのままの名前でcloneしますが別名でcloneします。

$ git clone git@github.com:Lycheejam/php-crud-sample.git laravel-first-sample
$ ls -la | grep laravel
drwxr-xr-x  10 user  staff    320  8  6 00:04 laravel-first-sample

GitHubで新リポジトリの作成

説明不要ですね。

リポジトリを作成してremote用のURLを取得します。

cloneしたリポジトリのremote urlを変更

下記コマンドのgit remote set-urlでリモートのPUSH先を変更します。

$ cd laravel-first-sample
# remote urlの確認
$ git config remote.origin.url
git@github.com:Lycheejam/php-crud-sample.git
# remote urlの変更
$ git remote set-url origin git@github.com:Lycheejam/laravel-first-sample.git
# remote urlの確認
$ git config remote.origin.url
git@github.com:Lycheejam/laravel-first-sample.git

git pushする

あとはpushするだけ

# push
$ git push
Enumerating objects: 151, done.
Counting objects: 100% (151/151), done.
Delta compression using up to 4 threads
Compressing objects: 100% (71/71), done.
Writing objects: 100% (151/151), 15.83 KiB | 7.92 MiB/s, done.
Total 151 (delta 47), reused 151 (delta 47)
remote: Resolving deltas: 100% (47/47), done.
To github.com:Lycheejam/laravel-first-sample.git
 * [new branch]      master -> master
# remote branchの確認
$ git branch -vv
* master 725ed44 [origin/master] fix nginx max timeout

以上

雑感

仕事が楽しすぎて出力が疎かになってしまった...
習慣は1回飛ぶとまた習慣付けるしかないので軽めの内容からまたブログを書いていきたい...

毎日学びはあるので書くことはあるんですよ...